トップページ > トピックス > トピックス(2007年)

トピックス

2007年

2007/11/20

「自治研あいち」第21号を発行―特集:地域医療のいま

2007/07/20

『あいちの自治』第5号を発行

2007/07/20

「自治研あいち」第20号を発行―特集:2007年問題への対応

2007/04/14

「自治研あいち」第19号を発行―特集:いま、問われる教育

2007/04/14

「新しい公共」と公共サービスのあり方研究・中間報告を公表、研究報告会を開催

4月14日、「新しい公共」と公共サービスのあり方研究・中間報告を公表しました。これに併せて、総会記念講演会に続き、研究報告会としてパネルディスカッションが開かれました。

研究会座長の牛山久仁彦氏(明治大学政治経済学部教授)がコーディネータを務め、パネラーには研究メンバーの今川晃氏(同志社大学政策学部教授)、入江容子氏(愛知大学法学部准教授)に加え、真山達志氏(同志社大学政策学部教授)にも加わっていただきました。

まず、中間報告について、各執筆者が担当章を紹介。フロアからはいくつかの自治体の民間委託や指定管理者制度の現状や課題などについて報告がありました。それらを踏まえながら、公共サービスの定義やその役割などについて議論しました。

研究報告会のパネラーら   研究報告会の全体風景

2007/04/14

2006年度総会、総会記念講演会「ローカル・ガバナンス概念の再検討―政策デリバリーとネットワーク・マネジメント」を開催

4月14日、全労済金山会館・大会議室で2006年度総会が開かれました。
総会には会員ら**人が参加。2006年度の事業報告、決算報告と2007年度の事業計画案、予算案、役員案が承認されました。

総会に続いて、真山達志氏(同志社大学政策学部教授)を招き、記念講演会「ローカル・ガバナンス概念の再検討―政策デリバリーとネットワーク・マネジメント」が開かれました。

真山氏はガバナンス概念を説明しながら、民営化、民間委託など、現在の議論が政策デリバリー機能に集中していて、政策マネジメント機能が見落とされていることを指摘。

地域の実情や実態に関する情報のルートとしてデリバリーが機能していることを挙げ、中長期的に見たとき、デリバリー機能の外部化がマネジメント機能を弱める可能性があるとしました。

また、今後、デリバリー機能だけでなく、マネジメント機能でも協働をすすめ、地域にふさわしいガバナンスの姿を確立していくことが重要であるとしました。

講演会の全体風景   真山達志氏

2007/04/01

4/14(土)・2006年度総会記念講演会、研究報告会を開催します(参加自由、入場無料)

2006年度総会を開催する4月14日(土)、第2部では、真山達志・同志社大学教授をお招きし、「新しい公共」と公共サービスをテーマとする講演会を開催いたします。

第3部では、当センターが取り組んできた「新しい公共」と公共サービスのあり方・中間報告の研究報告会(パネルディスカッション)を開催いたします。参加自由、入場無料ですので、ぜひとも、ご参加ください。

日時 : 2007年4月14日(土)13:40~16:50

会場 : 全労済金山会館6F・大会議室
※会場までのアクセスはこちらをご参照ください(当センターが入居しているビルです)。

プログラム :

【第2部】 13:40 ~ 15:10
2006年度総会記念講演会
「ローカル・ガバナンス概念の再検討―政策デリバリーとネットワーク・マネジメント」
 真山 達志氏(同志社大学政策学部教授)

【第3部】 15:20 ~ 16:50
研究報告会 「新しい公共」と公共サービスのあり方・中間報告

コーディネーター
牛山 久仁彦氏(明治大学政治経済学部教授)

パネラー
真山 達志氏(同志社大学政策学部教授)
今川 晃氏(同志社大学政策学部教授)
入江 容子氏(愛知大学法学部准教授)

2007/01/05

「自治研あいち」第18号を発行―特集:障害者自立支援法を問う