トップページ > トピックス > トピックス(2010年)

トピックス

2010年

2010/11/05
~11/07

愛知自治研集会(第33回地方自治研究全国集会)が開催されました

11月5日から7日、名古屋国際会議場で愛知自治研集会が開かれました。

自治労が主催する本集会の開催に向け、当センターの事務局も愛知県実行委員会に加わり、準備にあたってきました。集会当日、当センターは集会の運営のほか、役員や研究員が分科会のコーディネータ―、助言者、レポート報告などを務めました。

集会には、自治労組合員、NPO関係者、市民ら、全国から2000人を超える参加がありました。

集会参加者の皆様、ご参加いただき、ありがとうございました。

(外部リンク)
いりゃあせ・愛知自治研(愛知県実行委員会)
自治労本部・集会関連記事

集会受付会場   分科会の風景
物産展会場   実行委員会

2010/06/12

「自治体における格差の諸相・最終報告」を公表、研究報告会を開催

5月30日、「自治体における格差の諸相・最終報告」を公表しました。これに併せて、同日、研究報告会が開かれました。

《司会》
入江容子氏(愛知大学法学部准教授)(研究会座長)

《報告者》
今川晃氏(同志社大学政策学部教授)
牛山久仁彦氏(明治大学政治経済学部教授)
野口鉄平氏(愛知地方自治研究センター研究員)

まず、最終報告について、各執筆者が担当章を紹介し、自治体における「格差」や「差異」をめぐる課題・論点の整理や問題提起をしました。

次に、青木宗明氏からコメントをいただきました。青木氏は、同報告書に登場する「価値の実現」について、「住民が選択できるということと格差とどうつながるのか」といったことを指摘しました。

青木氏のご指摘やフロアからのご意見を踏まえ、議論をさらに深めていきました。

2010/06/12

2010年度総会、総会記念講演会「『地方格差』の本質と問題解決の方策」を開催

6月12日、アビタン・大ホールで2010年度総会が開かれました。

総会には会員ら61人が参加。2009年度の事業報告、決算報告と規約改正案、2010年度の事業計画案、予算案、2010・11年度の役員案が承認されました。

総会に続き、青木宗明氏(神奈川大学経営学部教授)による記念講演会「『地方格差』の本質と問題解決の方策~分権するなら対策は財源保障の充実~」が開かれました。

青木宗明氏   講演会の全体風景

2010/06/10

「自治研あいち」第29号を発行―特集:公共交通のこれから

2010/02/15

「自治研あいち」第28号を発行―特集:住民税減税を考える