トップページ > 出版物 > 「自治研あいち」バックナンバー一覧 > 「自治研あいち」バックナンバー(第31号~)

出版物

「自治研あいち」バックナンバー(第31号~)

「自治研あいち」第30・31合併号

巻頭言 未来に夢と希望を―歴史と文化の薫る品格のあるまちづくり 榊原 康正 (西尾市長)
特集
「わがまちの財政分析」

夕張市の財政破たんや自治体財政健全化法の施行、自治体独自の住民税減税など、自治体財政をめぐる動きに注目が集まっている。今号では、財政難に直面する常滑市で職員組合が取り組んできた財政分析を紹介し、市民や組合の立場から自治体財政の健全度をどうチェックすればいいか、そのヒントを探る。

常滑市行財政の現状と課題―財政分析の取り組み報告
掲載図表の訂正(PDF、単位を記載)
補足説明(PDF)
常滑市職員労働組合
実践的財政分析のススメ―対談・常滑市の財政分析に取り組んで 斎田充弘 (常滑市職員労働組合執行委員長)×村田 聰 (同書記長)
常滑市財政分析、その成果とこれから 澤井 勝 (奈良女子大学名誉教授)
あいちのうごき  

「自治研あいち」第32・33合併号

巻頭言 次代へつなぐ市民協働都市・はんだ 榊原 純夫 (半田市長)
特集
「震災対応・防災」

広範囲にわたり甚大な被害をもたらした東日本大震災。被災地の救援・復興に被災地以外の自治体がどう取り組むべきか、東海市と名古屋市の取り組みに学ぶ。また、従来の地震想定やその被害想定、防災対策の抜本的な見直しが迫られている。来るべき東海地震などにどう備えるか、愛知県の地域防災計画のあり方を考えたい。

東海市による釜石市救援の取り組み―なぜ迅速な救援ができたのか 東海市総務部防災安全課
名古屋市による陸前高田市への長期職員派遣の取り組み 名古屋市被災地域支援本部
愛知県地域防災計画の現状と課題―東日本大震災の教訓をどう生かすか 愛知県防災局防災危機管理課
あいちのうごき  

「自治研あいち」第34・35合併号

巻頭言 「改革と創造」の市政を目指して 山下 史守朗 (小牧市長)
特集
「防災対策の見直し」

2011年3月11日に発生した東日本大震災は、甚大な被害をもたらし、国や自治体に対して防災対策の抜本的な見直しを迫ることとなった。震災から一年が経過し、愛知県内の市町村では、地震・津波防災対策はどのように見直されてきたのであろうか。当センターが2012年3月から4月にかけて実施した調査結果に基づいて明らかにする。

東日本大震災を踏まえた防災対策の見直し状況―愛知県内市町村調査を手がかりに 野口 鉄平 (愛知地方自治研究センター研究員)
あいちのうごき  

「自治研あいち」第36号

巻頭言 現場から見た生活困窮者自立支援法の課題 森 亮太 (NPO法人ささしまサポートセンター理事長・愛知地方自治研究センター理事)
論文 豊橋市・愛知県における公契約条例制定について 野口 鉄平 (愛知地方自治研究センター研究員)
資料 愛知県・豊橋市の公契約条例(全文)  
あいちのうごき